EDネットクリニック.com Presented by バイエル薬品 EDネットクリニック.com Presented by バイエル薬品

ED診療の流れからレビトラ錠(R)の適正使用までEDに関する総合情報サイト

ED治療薬レビトラ錠 インターネット購入の注意 レビトラ錠について 病院検索 EDの相談ができる病院検索 病院検索
BAYER BAYER

Home   >  診察と治療   >  ED診療体験レポート

ED診療体験レポート

ED診療の一例です。症状や病歴によって診療内容は変わります

監修:東邦大学 名誉教授 石井 延久先生

「先生、ちかごろアチラの調子が・・・」

EDの潜在患者は、国内で1,130万人。成人男性の約24%にのぼります。 しかし実際に病院へ行ったことのある人は5%ほど…。 その理由は「受付で何と言えばいいのか」「どんな診療が行われるか」 といった不安や恥ずかしさが大きいようです。
そこで、EDの悩みを抱えた一人の中年男性が、突撃レポートを敢行!

血糖値が高いといわれています。そのせいか最近、アチラの調子が…。

血糖値が高いといわれています。そのせいか最近、アチラの調子が…。

44歳 会社員 A.N さん

ストレスによる暴飲暴食と運動不足のため、40歳を超えたくらいから体重が激増。 会社の定期検診で「血糖値が高い」と診断されましたが、特に何をするわけでもなく放置していたら、今度はED気味に…。

いざ病院へ

いざ病院へ

インターネットのEDサイトで調べた病院は、広島市内にある「いぐち腎泌尿器クリニック」。やはり少し緊張する…。

まずは受付

まずは受付

まずは受付

「初診なのですが」と言うと問診票を渡される。受付で症状を聞かれることはなく、ひと安心。それに、このクリニックでは名前ではなく番号で患者を呼ぶからプライバシーも守られる。

POINT
診察カード

受付で「ED診療カード」を出すと、よりスムーズに対応してくれました。ED診療カードは病院によりますが「いぐち腎泌尿器クリニック」では、トイレに置いてありました。

いよいよ診察室へ

いよいよ診察室へ

いよいよ診察室へ

「16番の方」と呼ばれて診察室へ。先生と一対一の診察室であれば、EDのことも相談しやすい。
「実は…」と切り出すと、先生は先ほどの問診票とは別の「ED問診票」を取り出した。「朝勃ちはありますか?」「中折れはありますか?」などの質問に答えていく。もう恥ずかしさや逡巡はない。

POINT
診察カード

EDの問診票は5個の質問に答えることで、現状のEDがどの程度なのかを判断するスコア。病院によっては、さらに具体的な質問を織り交ぜて、診断する場合もあるそうです。

問診→検査→診断

問診→検査→診断

ひと通り質問が終わったあとは、最近の健康診断の結果を見せ、現在服用中の薬の有無を確認される。さらに血圧を測って、おしまい。(ちなみに上が150、下が95。「高めですね」と注意を受けた)もっと色々な検査をするのかと思っていたので、少し拍子抜け…いや、嬉しい。
診断の結果は、やはり生活習慣病によるEDであった。

問診→検査→診断

しかし、重度の症状ではなく、ED治療薬を使用しながら生活習慣を見直していくことで、充分に改善する可能性はあるとのこと。「治療薬を処方しましょう」と言われる。希望が湧いてきた。

薬の処方

薬の処方

薬の処方

処方にあたって、先生から注意がいくつかあった。 安全性が確認された薬ではあるが、まれに併用できない薬があること。 催淫剤ではないので飲んだだけで性欲が増進するわけではないこと…などなど。 そ、そうだったのか。

ATTENTION

ドクターの話によるとED治療薬は安全性が確認されたお薬ですが、インターネットなどで個人輸入する場合、その品質は保証されていないそうです。

偽造された薬には不純物混入等によって健康を損なう恐れもあり、非常に危険なのだそうです。

無事、診察終了!

無事、診察終了!

無事、診察終了!

ED治療薬は保険が適用されないので、クリニックによって費用が違うらしい。しかし、これでEDの悩みが解消するのであれば私にとっては高くない値段である。
勇気をふりしぼって診療して良かった。

ED治療薬がもたらす
「生きる喜び」を多くの患者さんたちに。

ED治療のために当院を訪れる患者さんの症状は、さまざまなケースがあります。 20〜30代の若い世代は心因性のEDがほとんど。 逆に40代以上になると、糖尿病や加齢といった器質性のEDが増えます。

当院は泌尿器科クリニックなので、前立腺肥大など泌尿器疾患によるEDを訴えられる方も多いですね。これらの患者さんに対して、私は積極的にED治療薬を処方しています。なぜなら、ED治療薬が患者さんたちの悩みを解消し、それが「生きる喜び」につながることを、日々の診療の中で実感するからです。

ED治療は恥ずかしい、ED治療薬は危険なのでは…そんな患者さんの不安や誤解を解消して、ED治療薬で幸せになっていただきたいと心から願っています。

井口 裕樹 院長
いぐち腎泌尿器クリニック
(広島県広島市)

井口 裕樹 院長