EDネットクリニック.com Presented by バイエル薬品 EDネットクリニック.com Presented by バイエル薬品

ED診療の流れからレビトラ錠(R)の適正使用までEDに関する総合情報サイト

ED治療薬レビトラ錠 インターネット購入の注意 レビトラ錠について 病院検索 EDの相談ができる病院検索 病院検索
BAYER BAYER

Home   >  ふたりの時間   >  足で踏み合う「楽健法」

足で踏み合う「楽健法」

足で踏みあう楽健法

踏まれる人も踏む人も気持ちいい

忙しくて毎日ぐったり…。そんなふたりには、手足の付け根を足で踏みあい、血液の循環をよくする健康法「楽健法」がおすすめです。足の裏には健康をつかさどるツボが詰まっていますので、踏まれる人だけでなく、踏む人もきもちいい!お互いの温もりを感じるスキンシップで、愛情を確かめあうきっかけにも。

足の付け根を踏む
足の付け根を踏む
踏まれる人
横向きに寝て、上になる足を直角に曲げます。(左足から始めるので、まずは左側を下に)
踏む人
伸ばしている方の足の内ももを、付け根から膝まで、少しずつずらしながら踏んでいきます。足の付け根を重点的に踏むとよいでしょう。足を替えて同じ要領で踏んでいきます。
太ももの前部を踏む
太ももの前部を踏む
踏まれる人
仰向けに寝ます。
ゆったりリラックスしてください。
踏む人
足の付け根の下からひざまですこしずつずらしながら踏んでいきます。かなり痛い部分なので相手の表情をしっかり見ながら行いましょう。
足の裏を踏む
足の裏を踏む
踏まれる人
足を少し開いて
うつぶせに寝ます。
踏む人
踏まれる人の足首が硬い場合は、後ろ向きにのって土踏まずを交互に踏みます。足首がそれほど硬くない場合は、前向きになってかかとの内側にのり、両足裏を同時に踏みます。
肩を踏む
肩を踏む
踏まれる人
うつぶせに寝て、踏まれる側と反対側に顔を向けます。(左肩から始めるのでまずは顔を右向きに)
踏む人
肩の付け根に足をのせ、かかとが床につくような感覚で圧をかけながら下の方へ踏み伸ばします。

「楽健法」を行うときの注意点

  • 体の左側から行いましょう
  • 踏む人は踏まれる人の表情や体の反応を観察しながら行いましょう。
  • 踏まれる人は全身をリラックスさせましょう。
  • 急激に力を入れず、痛くないようにソフトに行いましょう。
  • 入浴や食事の直後は避けましょう。
  • 1か所を30回程度踏みましょう。