EDネットクリニック.com Presented by バイエル薬品 EDネットクリニック.com Presented by バイエル薬品

ED診療の流れからレビトラ錠(R)の適正使用までEDに関する総合情報サイト

ED治療薬レビトラ錠 インターネット購入の注意 レビトラ錠について 病院検索 EDの相談ができる病院検索 病院検索
BAYER BAYER

Home   >  ふたりの時間   >  あの人にインタビュー おおたわ史絵さん

あの人にインタビュー おおたわ史絵さん

時間と空間、そして気持ちの共有こそがいつまでも仲良く過ごすためのポイントだと思います

内科医・作家

おおたわ史絵さんOOTAWA FUMIE

おおたわ史絵

最新刊『ヒトは医学で恋してる!』を出されたおおたわ史絵さんに、中高年の恋愛や性について、医者として、女性として語っていただきました。

温かいお湯に浸かれば親近感が高まるんです

Q

←

『ヒトは医学で恋してる!』内のエピソードには驚かされました。例えば、夫婦は一緒に入浴すると親近感が増すのだとか。

温かいお湯に浸かると脳内からセロトニンという「幸せホルモン」が分泌され、親近感が高まるんです。スポーツジムのジャグジーに水着で一緒に浸かってもいいと思いますよ。

→

おおたわ史絵

Q

←

「男性は女性ホルモンの減少に敏感」なため、「女性は加齢とともにモテなくなる」とも。では、夫婦がずっと仲良く過ごすことは難しいのでしょうか。

そんなことありません。一緒に映画を観たり、自然の中に出かけたり……時間と空間、そして何よりも気持ちの共有ができていれば、いつまでも仲良く過ごせると思います。そういう毎日の中に、さりげなくスキンシップやセックスがあれば理想的ですよね。

→

おおたわ史絵

ED治療の相談は別の治療の後でもできます

Q

←

「異性に対してドキドキするのは健全だ」とも書かれていますが、最近は男性の間で「草食化」が進んでいるようです。

人間は恋をしている時も脳内から幸せホルモン・セロトニンが出ます。ですから、いつまでも異性への興味は持ち続けてほしいですね。
確かに、日本人は欧米人より恋愛やセックスに消極的と言われますが、大切なのはふたりが幸せな恋愛、セックスができているかどうか。そのためにも、普段からパートナーと気持ちを共有しておくことが大切ですよね。

→

おおたわ史絵

Q

←

患者様がEDの相談に来られた場合も、そうした精神的な部分へのアプローチをされるのでしょうか。

EDは生活習慣病が影響している傾向があるので、まずは生活習慣と持病の改善が第一ですね。そこから精神的な部分に言及して、その上で本当に必要ならばED治療薬を処方しています。
もしEDだけの受診に抵抗があるなら、何か他の治療のついでに相談すればいいんです。予防注射の後に「実は先生、最近ちょっと……」みたいな。実際そういう患者様はいますよ。インターネットでED治療を行っている病院を調べて、気軽に相談してほしいですね。

→

おおたわ史絵

おおたわ史絵(おおたわ・ふみえ)

PROFILE

おおたわ史絵(おおたわ・ふみえ)

東京都出身。東京女子医科大学卒業後、大学病院、総合病院を経て下町の医師に。1996年より執筆活動を開始。